浜田山の鍼灸院

【膀胱の働き】


 中医学における膀胱の働きは、西洋医学のそれと類似し貯尿と排尿です。

貯尿とは、尿が膀胱内に一定量になるまで溜めておく働きで、一定量になったら排泄する働きが排尿です。

膀胱の疾患の多くは排尿異常が起こり、頻尿・尿意急迫・排尿痛・排尿困難・失禁などの症状が現れます。

 

 中医学では、膀胱と腎は密接な関係にある為、膀胱の疾患が長引くと、腎の機能低下が現れることもあります。

またその逆に、腎の機能失調が膀胱の疾患をまねくことがあります。