浜田山の鍼灸院

【アルコールと砂糖について】


※アルコールについて

健康酒造りにホワイトリカーを使用する大きな理由としては、ホワイトリカーは無味無臭の為、果実などの風味を生かすには最適だからです。しかし、ホワイトリカー以外のお酒でも健康酒は造れます。甲類の焼酎以外でよく使われるものとしては、日本酒、ブランディー、ウイスキー、ウォッカなどが一般的です。但し、無味無臭のホワイトリカー以外のお酒を使う場合は、果実などの風味を楽しむためにもクセのある味のお酒は避けた方が無難といえます(焼酎でも芋焼酎などの乙類の焼酎は果実酒造りには向きません)。逆に、ホワイトリカー以外のお酒で、自分好みの味の健康酒を造ってみるのも面白いですね。

又、ホワイトリカーを使用するもう一つの理由にアルコール度数があります。ホワイトリカーの多くがアルコール度数35度です。これ以下の度数だと、カビの発生やエキスが抽出されにくくなります。このことから、ホワイトリカー以外のお酒を使用する場合は、アルコール度数が35度以上の物をお使いください。

 

※果実酒の砂糖について

多くの果実酒造りに氷砂糖が使われる理由としては、ホワイトリカー同様に、味にクセがないことと、果実のエキスを抽出するのに適した砂糖だからです。果実酒造りには最適な砂糖というわけです。

因みに、砂糖を使わなくても果実酒は作れますが、果実のエキスを抽出するのに、時間がかかってしまいます。